リハビリテーションを考える 理学療法士のブログ

リハビリ勉強会や臨床に役立つ情報などを発信します

スポンサーリンク

仙腸関節痛の原因~なぜ仙腸関節が痛いのか~

リハビリ

仙腸関節痛

 

仙腸関節は軸骨格である仙骨と、付属肢骨格である寛骨をつなぐ重要な関節で、臨床を行う上では避けては通れない部分です。

キチンと評価と治療ができるようになると、大変大きな武器になると思います。

仙腸関節痛

Legacy Spine & Neurological Specialists

 

仙腸関節痛の原因

 

個人的な感想の域を出ませんが、仙腸関節の痛みは寛骨が仙骨から離れようとする“離解ストレス”によって起こるものが多いと感じています。

この離開ストレスによる痛みは、仙腸関節のモビリゼーションなどの治療により一時的に改善することはありますが当然根治することは無く、治療に難渋することが間々あります。

俗に言う不安定性やインスタビリティとは少し様相が違い、スタビリティ訓練では解決しないことも多いです(もちろん重要ですが)。

 

治療

 

こういった場合の治療は存外単純で、仙腸関節を離解させるように寛骨を引っ張る筋肉をその病態に応じて治療すればいいことになります。

例えば中殿筋などがそうですが、各筋肉の状態や寛骨のアライメント、症状の発現状況から対象となる組織を決定しなければなりません。

ここにセラピストの妙があります。

大殿筋中殿筋

MY SACROILIAC JOINT SAGA

仙腸関節のモビリゼーションなどが一時的に効果を示すと書きましたが、結果的に悪化を招く可能性もあるのは推して知るべしです。

 

仙腸関節の可動性?

 

当ブログやセミナーなどでさんざん仙腸関節の可動性がどうとか、モビリゼーションはこうやるだとかを指導しておいてこんな話をするのもなんですが、高齢・特に男性の大多数が仙腸関節の骨癒合を起こしているというデータがあります。

下表はセミナーで使用しているスライドです。

 

仙腸関節の可動性、癒着

過去、当然のように仙腸関節のモビリゼーションやマニピュレーションを行っていた私でしたが、何年か前に解剖実習に参加させて頂いた際に、仙腸関節のあまりに強固な結合・癒合を確認して「仙腸関節の可動性云々の論理は間違っているのではないか」とちょっとショックを受けたのを覚えています。

少なくとも表層から少し触った程度で簡単に動かせる代物には見えませんでしたし、新鮮なご遺体を解剖した先生も同様のことを仰っていたのでやはりそうなのでしょう。

セラピストではない解剖学の先生方に伺うと、仙腸関節痛の存在は肯定するものの可動性云々の議論には否定的な見解をされることが多くありました。hypermobilityはあってもhypomobilityはどうかと。

 

仙腸関節 解剖

The sacroiliac joint an overview of its anatomy, function and potential clinical implications

 

文献を読み漁ると、否定的な見解が出るわ出るわでした。

 

そんな経験やデータに鑑みると、仙腸関節の可動性低下がどうこうという議論はあまり論理的ではないようにも思えます。

つまりモビリゼーションをはじめとした可動性改善を目的とした治療による効果は、可動性云々以外のなんらかの反応によって引き起こされていると推測することが可能で、治療技術の真の適応はそこにあるかもしれないということです。

 

ただ、臨床的には可動性や偏位の評価とその治療が合致することは多く、やはり無視はできない。

positiveな研究もあり、関節包の存在や構造から考えれば治療することにも合点がいきます。

 

Evidence-Basedが叫ばれる昨今ですが、それをやれば治るという現実があるのに、そこにエビデンスやロジックがないからやらないというのもナンセンスな話です。

 

セミナーでも繰り返しお伝えしていますが、自分の治療によって患者さんの身体の中で何が起きるのかを考えることは非常に大切です。

最終的なスタンスは「治ればなんでもいい」というところですが、そこに科学を求める姿勢は常に忘れずにいたいものです。

 

↓その他の仙腸関節関連記事↓

仙腸関節
仙腸関節に関連した記事の一覧です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
お気軽にフォローください
リハビリ仙腸関節
\お役にたちましたらシェアをお願いします/
\気軽にフォローしてください/
スポンサーリンク
All Good Rehabilitation/AGR

コメント