リハビリテーションを考える 理学療法士のブログ

リハビリ勉強会や臨床に役立つ情報などを発信します

リハビリ

スポンサーリンク
リハビリ

肩関節の可動域制限を治療する

肩関節の可動域制限の治療についての考え方です。 肩関節周囲炎等に続発するROM制限では結滞動作が障害されることが多いですが、その病態を考えると肩関節の治療が見えてきます。
リハビリ

仙腸関節テスト・評価まとめ~Stork・Gillet test~

仙腸関節の安定性や動きの評価について解説しています。 仙腸関節の動きを捉え、厳密な評価を行うことで適切なリハビリテーションを行うことができると、非常に大きな武器となります。
リハビリ

“ROM”を考える~検査・訓練の意義と解釈~

コッドマンのパラドックスが示す通り、生理的な関節運動には回旋や傾斜が伴います。 非常に基本的なスキルであるROM検査・訓練ですが、人体の生理的な運動を理解することで、その意義や方法までが変わってきます。
リハビリ

肩関節可動域制限の原因~後方組織のタイトネス~

肩関節の可動域制限の原因となる後方組織のタイトネス(PST)について説明しています。 内旋制限を中心に評価を行い、臼蓋上腕リズムをはじめとした骨頭の運動異常を修正することが大切です。

ヘルニコアの治療効果、副作用等まとめ【腰椎椎間板ヘルニア治療薬】

【医療従事者向け】椎間板ヘルニアの最新治療薬「ヘルニコア」(コンドリアーゼ)。 その治療効果や作用機序、副作用等について詳細に解説しています。
リハビリ

仙腸関節痛の原因~なぜ仙腸関節が痛いのか~

仙腸関節痛の原因について。 仙腸関節の可動性や偏移などについては、多くの解釈や議論があり、そこに科学的な裏付けは多くありません。 関節の構造や可動性・可動域などを知ることでリハビリの展開が変わります。
リハビリ

触察技術の重要性~解剖学は地図~

患者さんを触っていると、本当にこれが目的とする組織なのかわからなくなることがあります。 評価や治療の精度を決定する大切な技術である触察。自信を持って患者さんを触れるようになるには...
リハビリ

重心を把握しリハビリに応用する

重心を見極めることは、関節への負担や筋活動などを予測するトップダウン評価を行う上で非常に役立ちます。そんな重心の基礎的知識と、把握の仕方を解説しています。
スポンサーリンク