リハビリテーションを考える 理学療法士のブログ

リハビリ勉強会や臨床に役立つ情報などを発信します

スポンサーリンク

肩関節セミナー終了

 

去る10月14日、肩関節セミナー終了しました。

参加された皆様、ありがとうございました。

 

肩関節に苦手意識を持つセラピストは非常に多いですが、その理由は

 

①即自的な改善が得られにくい(時期がある)

②考察しなければならない各論的な要素が他部位に比べ多い

 

この二つに尽きると思います。(よくよく解釈をしていくとそんなことはないのですが)

 

肩関節に限ったことではありませんが、効率の良い治療のためには全体をとらえる視点が非常に重要です。

棘上機能が~~、烏口上腕靭帯が~~、SHリズムが~~、といった各論的知識、ミクロな視点が先行すると細切れの情報を延々と評価・治療し続けることになってしまいます。

 

全体像を把握し、ある程度体系化された大きな概念を治療の軸に据えると、各論的な評価項目がその中のどこに当たるかが見えてきます。

 

セミナーではそのための方法をお伝えしたつもりです。

どうか良い臨床を。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
お気軽にフォローください
セミナー
\お役にたちましたらシェアをお願いします/
\気軽にフォローしてください/
スポンサーリンク
All Good Rehabilitation/AGR

コメント